HOME > イベント情報 > 地元工務店が生きぬく会IN石巻

セミナー情報①

【石巻地元工務店協同組合主催】地元工務店が生きぬく会IN石巻 開催

宮城県石巻市の地場工務店71社で組織し、災害公営住宅の建設などを通して東日本大震災からの復興や地域活性化に取り組んでいる「石巻地元工務店協同組合」は、11月9日、10日の2日間、石巻市内で『地元工務店が生きぬく会』を開催する。

東日本大震災での津波によって被害を受けた石巻の地場工務店が、被災後どのように取り組み、復興に貢献してきたか、事例を交えて紹介するとともに、全国からの参加者と災害時における地場工務店の役割などについて意見交換し深める。2日目には被災地や協同組合が手掛けた災害公営住宅の見学も予定している。

是非この機会御参加をご検討くださいませ。詳細は下記にて記載を致します。

 

 

 

【開催日】11月9日(木)・10日(金)

【会場】石巻グランドホテル
【参加費】1万5000円/人 【定員】250名

【主催】石巻地元工務店協同組合

【後援】(予定):石巻市/石巻商工会議所/三陸河北新報社/石巻日日新聞社/東北電力/石巻地区森林協同組合/宮城県建築士会/宮城県優良住宅協会

【大会会長】山本里見 (東北住環境研究室代表)

【実行委員長】日野節夫 (ヒノケン㈱代表取締役)

【運営事務局】石巻地元工務店協同組合/㈱NJS日本住宅新聞社

 

【プログラム&開催概要】

●スケジュール 1日目[11月9日(木)]

13:00 開場・受付開始

14:00 開催挨拶

14:15 第1講演

『被災後の地元工務店のできること、すべきこと』(参加者一体型)

1.被災後の業務再開

2.復興への地元工務店ならではの貢献

3.結束した力とは

4.仮設住宅を木造にもできる

講演者

大会会長

東北住環境研究室 代表 山本 里見

 

16:15 休憩

 

16:30 第2講演

「新築減少を見据えた工務店としての活き方」【自社事例を踏まえて】

〜新築住宅の新しいメンテナンスとインスペクション(検査)から入る中古住宅の取り組み〜

講演者

福岡県久留米市 ㈱ホームラボ 代表取締役 徳冨 総一郎氏

 

17:30 (翌日のガイダンス)

17:55 締めの挨拶 終了

18:30 懇親会

20:30 終了

 

スケジュール 2日目[11月10日(金)]

9:00 復興現場見学会 【雄勝、大川小学校、にっこり地区、二子地区等】

 

12:30 昼食(石巻グランドホテルにて)

 

13:30 第1講演 《パネルディスカッション形式》

『災害に取り組む工務店の対処法』〜いざ災害が起きた時の対処によって地場工務店真価が問われるか?〜

コーディネーター:㈱NJS日本住宅新聞社 編集長 大川原 通之

パネラー:

安心計画㈱ 代表取締役社長 小山田 隆広氏

㈱日本住宅保証検査機構 専務取締役 西山 祐幸氏

㈱ホームラボ 代表取締役社長 徳冨 総一郎氏

 

15:00 閉会

 

地元工務店が生きぬく会IN石巻

 

参加申込は下記(PDF)より御確認下さいませ。

 

PDF

 

 

 

 

 

 

 

 

快適住実の家 ジャパン建材

じゅうたま

syosekimousikomi.jpg

日本住宅新聞社

日本住宅新聞 次号

2017年10月25日号

  • 日本住宅新聞
  • NJSホームメイカーズ
  • お客様向けの特別編集版 USER