HOME > 日本住宅新聞

日本住宅新聞

 

日本住宅新聞

 

住宅建築に関係する技術、新工法、システム、商品の紹介から実務で欠かせない法律の動きなどを、工務店向けに分かりやすく解説。連載「私の工務店経営」は1000回を超えている。発行は、5日、15日、25日の月3回。

NJSホームメイカーズ

ユーザー版

 

最新号(2017年2月25日号)の主なニュース NEW!!

あらためて、消費税10%引き上げに伴う住宅関連税制の実施時期の確認を

消費税率が2014(平成26)年4月1日に5%から8%に引き上げられた際に、ユーザーの住宅取得での負担増を緩和する目的で、住宅ローン減税の拡充や「すまい給付金」、贈与税非課税措置の非課税枠(質の高い住宅)の拡充等が実施されている。消費税率は今年4月1日に10%に引き上げられる予定だったが、1年半後の2019(平成31)年10月1日実施に先延ばしにされた。10%引き上げに伴って、これらの税制優遇等の措置もさらに拡充される予定だったが、引き上げ時期の先送りに合わせて実施時期が変更されている。ユーザーの住宅取得時期によって優遇内容が大きく変わるため、改めて確認が必要だ。
  

2016年のリフォーム市場は6.2兆円規模 駆け込み需要が低迷の要因か

(株)矢野経済研究所は2月17日、2016年第4四半期および16年計の住宅リフォーム市場調査の結果を公表した。16年第4四半期の市場規模は1兆9850億円(速報値、前年同期比1.8%増)。年計では前年比4.4%減の6兆2006億円と推計しており、消費税増税前の市場規模と同程度まで低迷した。
 

東京ガス・日本気象協会が「ヒートショック予報」を開発 当日のリスクを3段階で表示

東京ガス(株)はこのほど、(一財)日本気象協会と共同で「ヒートショック予報」を開発した。同社が有するヒートショック関連の知見をもとに共同作成したアルゴリズムに、日本気象協会の天気予報を用いて予報を行い、3ランク5種類の記号でヒートショックのリスクを表現。結果を、同社の生活情報メディア「ウチコト」のFacebookページで配信する。期間は3月7日まで。
 

JKと橋本総業 経営統合に向け合意

JKホールディングス(株)(青木慶一郎社長)と橋本総業ホールディングス(株)(橋本政昭社長)はこのほど、共同株式移転により共同持株会社を設立し、経営統合に向けた検討を行うことで合意。2月7日、両社取締役会で経営統合に向けた基本合意書を締結した。新会社の設立、上場は10月2日を予定している。
 

好評連載

生活/つなが〜るズのリレーエッセイ(担当:神田雅子さん)
暮らし/ゆりいかの文学住散歩 第4回:いとうせいこう『ボタニカル・ライフ—植物生活—』
営業支援/住宅道を求めて/長井克之(住宅産業塾 塾長)

 

最新号(2月25日号)の各面 NEW!

5面 暮らし/子どもの転落事故防げ NPOがベランダの事例を収集

日本では、1〜19歳の子どもの死亡原因として最も多いのが「事故」による傷害で、特に1〜9歳では家庭内事故の割合が高い。日常生活に潜む大きなリスクのひとつが、ベランダからの転落事故だ。子どもの傷害予防に取り組んでいるNPO法人Safe Kids Japan(山中龍宏理事長)は昨年12月、「ベランダ1000プロジェクト」を開始。転落事故の原因究明や再発防止策の検討に資するため、一般の住まい手からベランダの実態や利用法を収集している。

 

3面

 住宅時評/上岡裕「小さな奇跡の見つけ方」

7面

 地域版・関西住宅新聞

12面

 私の工務店経営 第1251回 (株)テラジマアーキテクツ(東京都目黒区)

 

NJSホームメイカーズ
NJSホームメイカーズ

NJSホームメイカーズ 2016年12月15・25日号

 

  IEMORI
ユーザー版

「IEMORI」2017 冬号 NEW!

 

快適住実の家 ジャパン建材

じゅうたま 

hirosima semina web bana.jpg

hukuoakasemina bana .jpg

njsjyutakusiryou_26.jpg

日本住宅新聞社

日本住宅新聞 次号

2017年3月5日号

  • 日本住宅新聞
  • NJSホームメイカーズ
  • お客様向けの特別編集版 USER