HOME > WEBマガジン 「環境とすまい」 > 資料室 本紙「環境と住まいのページ」

資料室

 

環境問題を意識しない住宅づくりはありえない時代です。
また、地球温暖化だけでなく、食の安全、健康、農業ブーム等々、人々の自然への欲求が、かつてなく高まっています。
そこで、日本住宅新聞では、住宅建築からライフスタイルまで視野に入れた「環境とすまいのページ」を設けました。
お施主様に提案できる情報や、全国の工務店が取り組んでいる山林の保全運動や環境保護活動など、社会的な活動を、月1回程度掲載していきます。
また、食や農など、関連分野の情報も掲載していく予定です。
環境意識の高いお施主様と工務店とを結ぶ媒体としてご活用ください(下の見出しをクリックするとPDFが開きます)。

 油圧ショベルなど建機に燃費基準(2011年2月25日号掲載)

 

 天然乾燥材でLCCM住宅(2011年2月15日号掲載)

 

木造住宅は「都市の森林」になれるか?(2011年2月5日号掲載) 

 

遊休地利用し脱温暖化住宅/横浜市(2010年12月15・25日号掲載) 

 

タイプ別に施策をパッケージ化し提案/温暖化対策中長期ロードマップ(2010年12月5日号掲載)

 
LCCMデモ住宅 来月1月竣工(2010年11月5日号掲載)
 
CASBEE既存住宅版を公開(2010年10月15日号掲載)
 
「夏の夜は室温が外気温より高かった」(2010年9月25日号掲載)
 
住まい等の化学物質の影響を調査「エコチル調査」(2010年9月15日号掲載)
 
LCCM住宅の研究内容を報告(2010年7月15日号掲載)
 
省エネ改修でガイドライン/自立循環型住宅設計講習会の既存住宅版(2010年7月5日号掲載)
 
縦割り政策の解消が林業再生のカギ(2010年6月15日号掲載)
 
「光熱費ゼロ住宅」普及に協会設立(2010年6月5日号掲載)
 
 環境への取り組みの贈り物(2010年4月25日号掲載)
高齢化団地の改修案/「食」中心に多世代住宅を提案(2010年4月5日号掲載)
 
 CASBEEすまい[戸建]を改定(2010年3月5日号掲載)
 
 小水力発電も利用(2010年2月25日号掲載)
 

 蓄熱土間で暮らしやすい住まいに(2010年2月5日号掲載) 

 
林地残材を集荷、農林家と地域を元気に(2009年12月5日号掲載)
 
 太陽光発電の余剰電力 新買取制度 11月1日から開始(2009年10月15日号掲載)
 
 ライフスタイルも見直さなければ省エネスタイルも半減(2009年11月5日号掲載)
 
徳島の建築関係者が組織「限界集落」脱却への道(2009年8月25日号掲載)
 
 新エネルギー特集 太陽光+省エネ向上がカギ(2009年7月15日号掲載)
 
 地域材、自然素材、家庭菜園付きエコアパートを計画(2009年10月5日号掲載)
 
 
 
 
 
 
 
 

快適住実の家 ジャパン建材

じゅうたま 

syosekimousikomi.jpg

日本住宅新聞社

日本住宅新聞 次号

2018年6月25日号

  • 日本住宅新聞
  • NJSホームメイカーズ
  • お客様向けの特別編集版 USER