1. 応援しよう地場工務店の家づくり NJS日本住宅新聞社
  2. 専門誌販売
  3. 建築物省エネ法対策マニュアル

建築物省エネ法対策マニュアル

主な内容

快適な住まいづくりシリーズ第3弾 『建築物省エネ法対策マニュアル』

H25省エネ基準が施行され、外皮性能と一次エネルギー消費量を指標として建物全体の省エネ性能を評価する仕組みとなりました。2016年4月には「建築物省エネ法」が施行され、新たな表示制度もスタートするなど、2020年の省エネ義務化に向けた取組みが活発になっています。

またZEH(ネットゼロエネルギーハウス)も基準が整備され、登録制度もスタート。平成29年3月時点で5600社を超えている状況です。そして電力の小売自由化やガスの小売自由化もスタートし、エネルギー業界の変化が家づくりに与える影響も大きくなることでしょう。

これから必須となる省エネ性能を高めた家づくりにおいて、疑問点に答え、いかに取り組むべきかを解説しております。最新刊「建築物省エネ法対策マニュアルVol.2」の基礎編として本書を併せてお読みいただけると、省エネ性が高い住宅づくりについて、理解が深まります。

〈主な内容〉

巻頭インタビュー:国立研究開発法人建築研究所 理事長 坂本雄三氏

  • 第1章 建築物省エネ法における戸建住宅設計・施工のポイント
    秋元孝之氏(芝浦工業大学工学部建築工学科教授)インタビュー 
  • 第2章 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及拡大へ条件設備が加速
  • 第3章 電力・ガスの小売り自由化とエネルギー政策
  • 第4章 オール電化と建材、設備・機器の最新動向
  • 第5章 省エネ基準Q&A
  • 第6章 その他の省エネ住宅
体裁 A5判 100頁
価格 720円+税
発行 平成28年8月25日