アキュラホーム
  1. TOP
  2. 新製品
  3. 朝日ウッドテックが木質壁・天井材「the wall」 突き板シリーズを一新。 新樹種「アカシア」「スモークユーカリ」を追加。従来品にも仕様変更を行う

朝日ウッドテックが木質壁・天井材「the wall」 突き板シリーズを一新。 新樹種「アカシア」「スモークユーカリ」を追加。従来品にも仕様変更を行う

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日ウッドテック株式会社は、天然木の素材感を楽しめる木質壁・天井材ブランド「the wall」の突き板シリーズに、高級感のある表情が人気の新樹種「アカシア」「スモークユーカリ」を追加し、11月2日から発売を開始する。また、同シリーズの従来製品も表面塗装の艶と溝ピッチ・デザインが変更される。天然木の多様な個性を引き立たせた壁・天井材として、幅広い住宅・施設で、空間のアクセントになる新しい選択肢を提供する。

“壁”や“天井”は、床と同様内装で広い面積を占め、一面を変更するだけで空間に個性が出る。近年は、空間のアクセントになる壁・天井材を使った住宅も増えている。「the wall」は、白いクロスで均質化してしまった日本の住空間に、天然木の個性を生かした新しい選択肢を提供する壁・天井材ブランドとして、2019年1月にデビューした。

創業以来、100年以上に渡って天然木の個性や魅力を引き出す製品づくりに取り組んできた経験を生かし、「the wall」には全14樹種を、無垢、挽き板、または突き板でラインナップ。各樹種の特徴に合わせた7種の形状/施工タイプを揃え、樹の息づかいが感じられる壁・天井材として、順調に販売量を伸ばしてきた。

今回の仕様変更では、「突き板シリーズ」を一新。より多くの住宅・施設で採用されるよう、現在の10樹種(ブラックチェリー・ハードメイプル・ブラックウォルナット・オーク・アッシュ・サペリ・レッドシダー・ヘムロック・スプルース・米松)に加えて、多彩な色合いが特徴の「アカシア」と落ち着いた色合いの「スモークユーカリ」を追加。

また、従来よりラインナップする樹種には表面塗装の艶と溝ピッチ・デザインに変更を加えており、表面塗装を艶の低いマットな塗装とすることで、より天然木の質感を感じられるようになった。さらに個性のあるランダムピッチデザインをより多くの樹種で選択できるようになった。

同社では「樹種バリエーションの拡大と仕様の変更によって、幅広いインテリアスタイルに対応し、更に多くの住宅・施設で個性豊かな空間を創造することに貢献したい」と、している。


アカシア(上)  スモークユーカリ(下)


関連キーワード