アキュラホーム
  1. TOP
  2. 新製品
  3. タカラスタンダードの浴室がモデルチェンジ パネルに24種類の新色&施工時間削減

タカラスタンダードの浴室がモデルチェンジ パネルに24種類の新色&施工時間削減

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タカラスタンダード㈱は、戸建て向け、マンションリフォーム向けの浴室パネルデザインをリニューアルし、2021年 2月 22日(月)に発売する。

同社の代名詞である「高品位ホーロー」は、丈夫な鉄のベースにガラス質を850℃の高温で 焼き付けて作られる、丈夫さと美しさを融合させた優れた素材だ。表面のガラス層が汚れや湿気を寄せ付けず、汚れてもサッと水拭きで落とせる。同社の浴室は、全てのシリーズに「ホーロークリーン浴室パネル」を採用。普段のお手入れは入浴後に洗剤を使わずにシャワーとスポンジで洗い流すだけ。湿気に強く、カビを寄せつけないので、色あせ・変色、柄の剥がれなどの心配がない。また、マグネットがつくので、浮かせる収納などお客様ごとの生活スタイルに合わせたカスタマイズが可能だ。

そして今回、パネルカラーのラインナップにおいて、市場のトレンド柄を中心に拡充するとともに、パネル構造を見直すことで施工時間の短縮を実現した。

 新たに24種類のパネルバリエーションを追加

今回発売する新柄今回発売する新柄24種類を併せるとパネルのラインナップは全部で39種類に。ホーローへのインクジェット印刷という独自の技術により、幅広いラインナップの精細なデザインを実現しました。中でも特徴的なのは、プレミアムクラスで選べる「深呼吸を誘う空間」がコンセプトの天然石の自然な風合いを生かした4色と、「My Favorite」」がコンセプトの服やインテリアを選ぶようにコーディネを楽しむことができる4色。様々な好みに合わせて、理想の浴室を実現するパネルを選ぶことができる。

また、新柄パネルの発売に合わせ、360°画像を活用したシミュレーションをショールームならびにホームページで公開する予定だ。ショールームに展示していない仕様も検討できるだけでなく、VRにも対応しているので実際にお風呂に入るイメージでさまざまな仕様が確認できるようになる。

 施工性が向上し、数年をかけて2割の施工時間を削減

昨年12月に発売した新築マンション向け浴室「リラクシアMPタイプ」と同様の構造を採用し、施工時間も削減した。同社の壁パネルは、壁パネル自体の強い剛性を利用できる点から、パネルにあらかじめ金具を取り付け、決められた順番にパネルをひっかけて組み立てる構造になっていた。しかしこの構造だと、組立手順が複雑で、金具の取付けに時間がかかるだけでなく、施工後のメンテナンスにも手間がかかるという課題があった。

そこで、壁の強度を保ちながらパネルを嵌め合わせられるよう、パネルの継ぎ目の構造を見直した。支柱を組立て、パネルをはめこむ構造に抜本的に見直すことで、事前準備や組立手順を不要にし、施工後のメンテナンスも容易になった。

同社では、数年前から商品の仕様変更による省施工化への取り組みを開始。極力現場での作業を減らすために、部品削減や開梱作業の簡素化、現場での穴あけ工程の削減などによって、商品の質を落とさずに仕様変更を行うことで、施工時間の削減を重ねてきた。今回の壁パネルの構造でさらなる時間短縮が実現し、今回の削減分も合わせ、取り組みを始めた時点での施工時間から、約2割削減することができた。

同社はこれからもより多くの人により心地よい暮らしを楽しんでもらえるよう、独自の「高品位ホーロー」を生かした商品を展開していく、としている。