1. TOP
  2. 企業・団体
  3. 10~12月の工務店需要予測はほぼ横ばい/JK情報センター 需要動向予測調査結果

10~12月の工務店需要予測はほぼ横ばい/JK情報センター 需要動向予測調査結果

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャパン建材のJK情報センターは、取引先における需要動向予測調査結果を9月7日に公開した。2020年10~12月の工務店(工務店・その他建築会社)の需要予測は、マイナス65.4ポイントとなった。また、販売店の需要予測はマイナス66.7ポイントとなった。4月下旬から5月中旬にかけて行われた前回調査と比べ、需要動向がどのように変化するかが注視されたが、結果的にほぼ横ばいの推移となった。調査を行ったJK情報センターでは「過去ワーストを記録したリーマンショック後の2009年4〜6⽉のマイナス77.0ポイントには至っていないが、建築需要は遅れて影響することもあり、今後の動向を注視していきたい」としている。

【日本住宅新聞2020年9月15日号から一部抜粋】

 

関連キーワード