アキュラホーム
  1. TOP
  2. 行政
  3. 「IT重説」本格運用開始

「IT重説」本格運用開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国交省はテレビ会議等を活用して非対面で重要事項説明(重説)を行う「IT重説」を建築士法に基づく重要事項説明として今後認めると1月18日に公表した。建築士法に基づく重要事項説明は、設計受託契約等の前に建築士から建築主に対し重要事項を記載した書面を交付して行われる。従来は対面で行うことを前提に運用されてきた。このほど、新型コロナ感染拡大に鑑みた当面の暫定的な措置として「IT重説」は扱われていたが、「IT重説社会実験」の検証結果で「特段の問題がない」とされ、今後恒久的な措置とする方針となった。

【日本住宅新聞2021年2月5日号から一部抜粋】

 

関連キーワード